子供の脱毛ってどうなの?3歳になる娘のムダ毛が目立つようになってきました。気にすることもないかもですが、自分の娘のことなので心配です((ノд`*)っ))

娘の脱毛で悩んでいます。自分のことならまだしも、娘のことだと黙っている訳にはいきません。

子供さんのムダ毛が多くて背中や顔の産毛、また手足など気になる親御さんはたくさんいます。


 


 


私もまたその一人でもあります。
子供さんが毛深い場合、親御さんのどちらかが毛深いという事もあって、責任を感じて悩んでいる人も多いそうです。


 


 


幼い事に、自分自身が毛深い事で悩んだり、少しではありますがいじめ的なことがありました。「この子には同じ思いをさせたくない」そういう思いになるのは親として当然のことです。


 


 


自分の子供が毛深い、ムダ毛が多い場合は皆さんはどうするでしょうか?
私の場合はムダ毛処理をする事になります。ですが、私たち大人と同じように子供を一緒に考えてはいけません。


 


 


子供の肌は大人と違ってまだまだ弱いです。無理なムダ毛処理をしてしまったことにより、傷が残ってしまう可能性があります。それではなんの解決になってないし、意味が本当にありません。
そこで、子供のムダ毛処理(脱毛)において私が感じた大事なことを書きたいと思います。


 


 


まずは<肌を傷つけないで優しいこと>
これは先ほど上記で書いたように、子供は柔肌です。傷つけるような処理をしては絶対にダメです。子供が毛深いと言っても大人と比べると薄いです。


 


 


最近では肌にやさしいという触れ込みの除毛クリームもありますが、薬剤でムダ毛を溶かすのですから当然肌に負担はかかります。負担をかけては今後将来、何かしらの炎症を起こしてしまっては意味がありません。


 


 


 


<毛の処理には時間をかけない、手間をかけない>
どんなに凄い方法でも毛の処理に時間や手間がかかり過ぎるのは現実的に良くありません。
私たち大人は仕事はもちろんのこと、家事などもあります。色々忙しい状況の中、ムダ毛処理に手間ひまかかるようであれば投げ出してしまうのは当たり前です。出来るだけ、短時間の方法が好ましいです。


 


 


<ムダ毛自体を無くしてあげること>
ムダ毛処理はその場しのぎの方法では意味がありません。カミソリでつるつるに剃ったとしても当然また生えてきます。またそうやって剃った毛がまた生えてくる時は、チクチクして肌を痛める事が大変多いです。


 


 


それに子供のコンプレックスの解消にはならない方法は、逆に子供をまた傷つけることになります。他の子達とは違ってどうして私はこんなことしないといけないの?と思ったりします。


 


 


理想はムダ毛ゼロのつるぴかお肌ですが、最低限人並み程度の薄さにまでは変えてあげるとが望ましいです。


 


 


<理想の脱毛方法>
本格的に子供に対して脱毛をしてあげたいというお母さんにおすすめなのが、脱毛サロンエピレの「キッズ脱毛」です。
ここの脱毛サロンは7歳〜15歳のお子さんに向けて専用メニューを用意しています。


 


 


自分の曖昧な知識で、子供傷つけてしまうようなら「専門」の人、プロの方の意見を聞いてみて下さい。「無料カウンセリング」もしているので、相談をしてみるのもまた一つの方法です。


 


 


恥ずがってる場合ではありません。あなたのお子さんはもっと恥ずかしいはずです。
親は子を守らないといけないです。子が悩んでいるならそれを解消するのが親のつとめです。


 


 


真剣に悩んでいるお子さんには真剣な気持ちで接してあげて下さい。

関連ページ

娘の脱毛で悩んでいます。自分のことならまだしも、娘のことだと黙っている訳にはいきません。
娘が毛深くって悩んでたので、脱毛をさせることにしました。
娘のためにレーザー脱毛自分のことならまだしも・・・娘が本気で悩んでいます。
娘のためにレーザー脱毛友人に「毛深い」ことについて言われたそうです。デリケートな問題なので、凄く心配です